• アロマセラピー・リラクゼーションサロン

    精油は薬草のエキス

    日本では、精油(アロマエッセンス)に対する認識はまだ低く、芳香剤などの雑貨として扱われますが、精油はフランスでは医薬品です※。

    薬草(ハーブ)の香のエキスと言った方がイメージしやすいかもしれません。(※日本では医薬品でも医薬部外品でもありません。)

     

    精油は、芳香植物であるハーブなどの植物を、水蒸気で蒸留したり、低温で圧搾したりして抽出します。

    精油は薬理作用の高い植物の香を集めたものなので、そのまま肌に塗布するのは刺激が強すぎることが多く、キャリアオイルで希釈して使用します。

    キャリアオイルとは、精油を体の中に「運ぶ」意味からそう呼ばれる植物オイルです。

     

    精油は鼻粘膜からだけではなく、肌からも体内に取り込まれ、さまざまな有効成分を運びます。

     

    状態に適した精油をブレンドすることで、精神的作用も期待できます。

    例えば、セロトニンの分泌を促すカモミールローマンなどの精油をブレンドすれば、不眠の改善などにも効果が期待できます。

    エンケファリンの分泌を促すグレープフルーツなどの精油をブレンドすれば、落ち込んだ気分を回復させる効果が期待できます。

     

    精油は様々なエビデンスにより、その効能が立証されています。

     

    精油でストレスコントロール」記事に、さらに詳しく精油について記載してます。