• アロマセラピー・リラクゼーションサロン

     
    おはようございます。
    福来です。
     
     
    昨夜は中秋の名月
    楽しみましたか^^
     
    夜雲との調和が
    雅で素敵でしたね゜・*:
     
    =======
     
    さて、
    今日はちょっぴり
    哲学&心理学のお話。
     
     
    「自我」を辞書で調べると、
    自分、自己などと出てきます。
     
     
    哲学的な意味での「自我」を調べると、
     
    デルフォイ、ソクラテス、デカルトなどの
    そうそうたる面々の名が連なり、
    長~い解説がどこまでも続きます。
     
    ちょっと、読み切れません(笑)
     
     
    メンタルケアカウンセラーの
    資格のために勉強している時には、
    「自我」については
    とってもシンプルな解説でした。
     
     
    「自我=調整係」。
     
     
    人間には
    本能に従って快楽を求める部分と、
    論理的に考えて
    それを抑制する部分がある。
     
    快楽ばかり求めていては社会に適応できない。
    抑制してばかりでも社会には適応できない。
     
    両者を調整して、
    社会に上手に適応させるのが
    「自我」なのだそうです。
    (フロイトの構造論より)
     
     
     
    そして
    「自我」の確立に必要不可欠なのは、
    「自己同一性の獲得」だと思います。
     
     
    簡単に言えば、
    自分が「真に」求めていることを
    ちゃんと知ることです。
     
     
    環境や
    偏見的教育で、
     
    人は案外
    真の自分を見失っているものです。
     
     
    本当は在りたくない場所で在り、
    本当は着たくない服を着て、
    本当は付き合いたくない人と付き合う…
     
     
    社会生活のためには、
    ある程度の抑制は必要ですが、
     
    「真の自分」が
    なにを求めているのか分かってくれば、
    さまざまな選択肢を
    ふるいにかけられます。
     
     
     
    今は風の時代。
     
    繋がりたいものと
    自由に繋がることができる時代です。
     
     
    そして、これからは、
    「何と繋がらないか」も、
    大切になってくるのではないでしょうか。
     
     
     
    人生はまだまだ続きます。
     
    「自己同一性」=「違和感のない自分」
    それを探究することをやめないでくださいね。
     
     
    そして「自我」を確立し、
    社会と上手にお付き合いして、
     
    昨日より
    今日の自分を少し
    幸せにしてあげながら、
     
    人生という長い旅路を
    ゆっくり楽しんでくださいませ^^
     
     
     
     
    福来 香
     
     
    追伸:
    せっかく資料を読んだので、
    哲学達人たちの名言を引用しておきます。
     
    デルフォイ:汝自身を知れ。
    ソクラテス:無知の知。
               徳とは心の秩序。
    デカルト:我思う故に我あり。
     
    余談ですが、ソクラテスは、シビレエイの異名をもっていたそうです。
    ソクラテスの言葉を聞くと、どんな美女も美少年も、エイに刺されたようにシビれてしまうんで、そんなあだ名がついたんですって(笑)
     
     
     
     


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA