• アロマセラピー・リラクゼーションサロン

    「I am.」は、

    神様がモーゼに言った言葉からの引用です。

    「I am that I am.」

     

    人それぞれの捉え方があるとは思いますが、

    仏教用語の「本不生」も

    同じような概念ではと思っています。

     

    「生まれたり、消えたりする在り方のものではない」

    「ただそのように在るものである」

    「ただ “それ” である」

     

    訳すなら、そんな感じでしょうか。

      

    私は特定の宗教は持っていませんが、

    自分軸にする理念は必要だと思うので、

    宗(根本とするもの)教(教え)にとても興味があります。

     マインドの羅針盤としての宗教ですね。

     

     

    「I am.」のイメージは、

    なんとなく自我の完成形だと、前回の記事で書きました。

     

     

    色即是空

    空即是色

     

    で、有名な、

    般若心経(般若波羅蜜多心経)をご存知でしょうか。

     

    実は、般若波(はんにゃは)羅(ら)蜜(みつ)多(た)、

    (प्रज्ञापारमिताहृदय(プラジュニャーパーラミター))は、

     

    “自我の完成”

     

    というような意味です。

     

     

    「I am.」の名前の中に、

    大好きな般若心経も埋め込んでいるのです。

     

    般若心経が大好きとか、

    霊(おばけ)みたいですけどね(笑)

     

    でも好きなのです。

    特に好きなのが、この一節。

     

    無限界

    乃至無意識界

    無無明

    亦無無明尽

     

    ↓私的な概念的意訳ですが…

     

    物質の世界もなく

    意識の世界すらない

    闇もなく

    また闇が尽きることもない…

     

     

    この一節を読んで、

    色即是空・空即是色が、

    ストンと腑に落ちたのを覚えています。

     

     

    ああ、そうだ。

    苦しみや恐怖に、実態なんてないのだ、と…。

    実態のないものに、力を与えていたのは自分自身なのだ、と…。

     

     

    「空(くう)」は、曖昧な哲学思想ではありません。

    ただの現象だと思うのです。

     

    ただの普遍的な現象「それ」です。

     

     

     

    神様とモーゼの会話も(聖書)、

    観音様とシャーリィの子の会話も(般若心経)、

    両方とても興味深いです。

    読むたび感慨深く、そして色々考えさせられます。

     

    幸いにも?私は長期記憶のIQが平均より低いのです。

    長期記憶が苦手だからこそ、

    読むたびに新鮮な感動を覚えられますし、

    違った解釈を発見してはワクワクできます。

     

    記憶力のいい人は、思想家には向かないそうですよ。

    記憶力が悪いからこそ、思考を繰り返す楽しみがあるという訳ですね。

     

     

    「それ」を、

    欠点と捉えるか、

    長所と捉えるか。

     

    有効活用するか、

    隠してしまうか。

     

    囚われるか、

    手放すか。

     

     

    すべて自分の選択しだいです。

    現象に実態はないのですから。

    実態のないものに力を与えているのは、自分なのです。

     

     

    闇はなく、また闇が尽きることもないのです。

     

     

     

     

    福来 香

     

     

     



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA