• アロマセラピー・リラクゼーションサロン

    あなたは、

    あなたのことを、

    よくわかっていますか?

    それとも、

    あまりよくわかりませんか?

     

     

    私は自分の「したいこと」だけは

    ハッキリわかるので、

    人生で悩むということはあまりありません。

     

    ただ、

    自分の「したいこと」がわかっているのと、

    自分の「状態」や、

    「属性」や「カラー」

    というものがわかっているのは違いますよね。

     

     

    最近、エネルギーセラピーをされている方とお仕事をするようになり、

    私も自分の状態というものに意識を向けるようになりました。

     

    セラピストはお客様に直接触れるので、

    自分のエネルギーの状態も整えることが

    お客様へのサービスの一環だと考えていますので、

    いままでもそれなりに意識はしていました。

     

    ・施術の前には禊の意味でシャワーを浴びる

    ・浄化のためにシンギングボールを鳴らす

    ・美しい言葉を声にする

    ・風景やストーンの美しい写真をみる

    ・手を通して、いろいろな雑味も一緒にお客様に伝わってしまわないように、無心を心がける

     

    などなど…

     

    でも自分の体の感覚に意識を向けてみたりはしていなかったのです。

    というか、そういう文化?がありませんでした(笑)

     

    最近はそれをしてみるんですが、そうはいってもすぐ感じられるものでもないんですよね。

    もっと繊細な感覚を磨いていかないと、なかなかに手ごわいです。

     

     

    でもその方曰く、

    私のさらっと軽いエネルギーは、

    お客様をリラックスさせてあげるのには向いているとのことで、

    少しほっとしました。

     

    ただ、軽すぎるようです。

    頭の上のほうばかりに氣がいってるので、

    下におろす努力が必要とのことでした。

     

    「何をすればいいんですか?」

    と聞いたら、

    「マラソンしなよ」

    と言われました。

    マラソン?!

    「あと縄跳びとか」

    縄跳び?!

     

     

    丹田あたりにエネルギーを充実させるには、

    グラウディングと言って、

    しっかり地に足をつけて、

    筋肉もつけることが大切なようです。

     

     

    ドンピシャです。

    世の中で一番嫌いなことが有酸素運動なのです(笑)

     

     

    でも良いセラピストになるためにがんばりますね!

     

     

    その方は、とても良い方で、

    グラウディングに向いた石を選んでくださって、

    私がもともと持っていたストーンブレスに補足して、

    好意でリメイクしてくださいました。

     

    こうやって、人に支えられて、

    自分を広げて、

    開いていって、

     

    そして自分もまわりを支えて、

    相手を広げて、

    開いていって、

     

    持ちつ持たれつで

    お互いの魂を成長させていけるのって、

    素敵ですよね。

     

     

    たくさんの人々との

    幸福な出会いに感謝いたします.*・。

     

     

    福来 香

     

     

     



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA